SHOKUBI
>HACCPに対応した機器の導入であなたのお店に安全と安心を

HACCPに対応したステンレス機器の導入であなたのお店に安全と安心を

そもそも「HACCP」とは?

米国で宇宙食の安全を確保するために開発された食品衛生管理

HACCPは、1960年代に米国で宇宙食の安全を確保するために開発された、食品衛生管理の方式です。「Hazard Analysis Critical Control Point」のアルファベット頭文字からつくられた用語で、日本国内ではハサップ、あるいはハセップ、ハシップという呼称で知られています。

世界各国で広く導入されており、多くの国において義務化されています。HACCPは食品衛生管理のグローバルスタンダード、世界基準となっています。

より高いレベルの食品衛生管理を実現

食品関連の現場では、製造環境の整備や衛生環境の確保だけではなく、原料の入荷から製造、出荷までにいたるあらゆる工程において問題が発生する可能性があります。従来の現場では、出荷前の抜き取り検査によって安全性の確認が行われる方式が主流でした。しかし抜き取り検査で不良が発見できない場合、不良製品がそのまま出荷されてしまう可能性もはらんでいます。

より安全で高いレベルの食品衛生管理を行うには、問題が発生する可能性を予測して、重要管理点(CCP)を特定し、継続的に監視、記録することが不可欠となります。不良製品が出荷されることを未然に防止し、異常が認められた際の早期対応と早期解決ができるようにする衛生管理の方式、それがHACCPです。

HACCPによる衛生管理の例

一例として、HACCPは以下のようなポイントを重視して管理を行います。

  1. 食材の受け入れ工程

  2. 食材の保管

  3. 食品の下準備と調理工程

  4. 食品の保管、提供

日本国内においても、HACCPが食品衛生管理における重要な要素となっています。

2021年よりHACCP対応が義務化

キッチンのイメージ

すべての商品関連事業者にHACCPが義務化

先進国ではすでに義務化が進んでいたHACCPですが、2018年6月に可決された「改正食品衛生法案」により、日本国内においても食品関連事業者にHACCPの導入が義務化されることとなりました。

出典:厚生労働省(食品衛生法等の一部を改正する法律の概要)

小規模な事業者や一定の業種を除き、品の製造、加工、調理、販売などを行う全ての食品関連事業者が対象となります。小規模事業者や一定の業種はHACCP の考え方に基づく衛生管理の基準として「基準B」の導入が必要となります。

出典:厚生労働省(食品添加物製造におけるHACCP導入の手引書 基準B)

義務化は経過措置期間を経た2021年から

改正された食品衛生法は2020年6月より施行される予定ですが、それから一年間は経過措置期間となっています。そのため、完全な義務化は2021年以降となります。2021年の義務化時点において、HACCPによる衛生管理を導入していない食品関連事業者は食品衛生法違反となっています。

「義務化までまだまだ時間があるから大丈夫」という余裕もあるかもしれませんが、その時期はどんどん迫ってきています。早い段階からの準備が不可欠です。あなたのお店や事業所はHACCPの対応準備が進んでいますか?

HACCPの導入にはNSF認証機器の使用が重要

NSF

NSF認証機器の使用でHACCP導入に貢献

HACCPの達成にはいくつかのポイントがありますが、食品に触れる機器の安全と衛生管理が非常に重要です。機器の材料の安全性や洗浄のしやすさなどがNSFによって確認されている「NSF認証機器」を使用することで、HACCPの導入・実行に大きく貢献します。

NSF認証とは?

NSFインターナショナル社はANSI(米国規格協会)、 SCC(カナダ規格評議会)からの認定も受けている米国の民間認証、試験、企画開発機関です。NSF認証は調理機器の安全、衛生面の規格で、米国だけでなく日本をはじめ世界88カ国で受け入れられており、NSF認証を受けた機器は国際的なホテルチェーンなどでは機器導入の基準として広く受け入れられています。

ステンレス機器への切り替えでHACCPに対応

ステンレス機器がHACCP対応に最適な理由

ガラス製、樹脂製の機器をステンレス製の機器に切り替えることで、HACCPの導入がより確実なものに。ステンレス製機器がHACCP対応に最適な理由があります。

ガラス・樹脂製の容器はステンレス製に切り替えを

ガラス製容器は割れやすく、落下しさせるなどして破片が散らばれば異物混入につながる恐れがあります。樹脂製容器は経年劣化しやすく、長期間使うとささくれやひび割れなどが発生して同じく異物混入につながり易くなります。

これらの容器をステンレス製容器に切り替えることで、異物混入リスクの低減をすることが可能となります。

HACCPに対応するSHOKUBI取り扱い商品

当店ではHACCPの導入に最適な商品を豊富に取り扱っています。

HACCP対応に最適なステンレス製品

SHOKUBIへのお問い合わせ

SHOKUBI(日本テレシステム株式会社 通販事業部)へのお問い合わせは、下記のいずれかまでお願いいたします。